浦安JSCは地域に根ざして、子供達が楽しく成長するクラブです。

理念

本クラブはワールドスポーツのサッカーを通じて子供を大人に、大人を紳士・淑女にと成長させる手助けをする。コーチの話を聞き、ルールを守り、レフリーに従い、対手を尊び、チームの仲間を大切にし、協調性、社会性を養う。そのためには特に幼児から社会人までという日本の社会には見られない長いライフサイクルの中で一貫した指導のもとにゆっくりと選手の成長を見続ける必要がある。

浦安という新しく発展していくこの街にしっかりと地に根を張り、市民全てに歓迎され、応援されるチーム作りを理念とする。

目的

  1. 本クラブは設立の理念に基づき、近代的な指導者訓練を受けたコーチの指導により、青少年がサッカーの練習、交流試合を通じて体力・技術力の向上、並びに望ましい人格形成を図る。
  2. 本クラブはサッカーを通じ、浦安地域のスポーツ振興に寄与する。

特徴

浦安JSCは、日本フットボールリーグ(JFL)のトップチーム「ブリオベッカ浦安」を頂点とした、就学前児童までを含めたすべての世代によるピラミッドを形成しています。日本では非常に少ないこの形態は、ヨーロッパのプロリーグ所属のクラブチームに習ったものです。

まずは生涯スポーツとしてサッカーを楽しめることを学びます。その上で子供から大人まで、その世代に応じた指導を徹底し、最終的にはトップチームを経てプロ選手となることを志向しています。

浦安JSCはブリオベッカ浦安をはじめ、国内外の豊富な経験を持つ指導者の下、最新のサッカー理論により指導しています。

  • ジュニアから社会人トップチームまで一貫したサッカー教育
  • 海外チーム、Jリーグコーチなどを経験している、専任のプロコーチが在籍し最新理論をもとに指導
  • 選手一人ひとりを理解し、ユース、トップで一流の選手になるために段階的かつ長期的な指導
  • トップチームの選手は全員プロ選手を志向するJFL所属
  • 世代間の交流(上位の上手い選手がコーチとなり下の世代を指導したり、一緒に練習をしたり します)
  • 努力次第で上位チームでの活躍も可能(一部のジュニアユース選手がユースやトップの試合に出ています)
  • 小学生チームでの親の当番制はありません
  • 選手の自主性を育て、考えるサッカーを実践

ジュニアにこだわる

浦安JSCは「ジュニア」という言葉にこだわりがあります。スポーツ育成の世界では10歳前後の子どもを「ゴールデン・エイジ」と呼びます。素晴らしいサッカー選手に育つためにはこの10歳前後にどのような育成をしたか、技術を身につけたかが大きく左右します。

ブリオベッカ浦安がJFLに昇格しました。しかし決して外から強い選手だけを集めて勝つチームを作ろうとは考えていません。ジュニアから育成をし、その子ども達が一流の選手に育つまで指導をする、そしてその結果として強いチームになることを志向しています。もちろん外から来た選手を拒む訳ではありません。ブリオベッカ浦安や浦安JSCに共感をした力のある選手はいつでもウェルカムです。

浦安JSCのサッカーで育った大人の選手達や先輩達は、ジュニアの子ども達にサッカーを教えることでこれまでの恩返しをし、その交流を通してチーム力の底上げをはかっていきます。

 

このページの先頭へ